• ホーム
  • タミフルでインフルエンザの予防も

タミフルでインフルエンザの予防も

マスクをかける女性

タミフルというインフルエンザの薬を、ご存知の方は多いでしょう。このタミフルはインフルエンザを治療するだけではなく、予防することもできるのでタミフルを用意しておけばいざという時も安心です。
元々タミフルは、インフルエンザウイルスの増殖を助ける、ノイラミニダーゼという酵素ができるのを抑える働きがあります。
つまり、インフルエンザウイルスの増殖そのものも抑え込まれるわけで、このため予防投与といって、インフルエンザに罹らないように、あらかじめタミフルを服用しておくことがあります。
しかしこの予防投与には条件があります。同居家族がインフルエンザに感染していて、なおかつ慢性の心疾患あるいは呼吸器疾患がある人、腎機能障害、あるいは糖尿病に代表されるような、代謝系の病気がある人であれば、予防投与が可能です。
また65歳以上の人も、タミフルを予防に服用することができます。ただこの予防投与は、保険が適用されませんので、実費となります。しかも処方薬であるため、診察代や処方料込みで、最低5000円ほどの費用がかかると考えておきましょう。
ではこの予防投与と、インフルエンザの予防接種はどのように違うのでしょうか。両方とも予防という言葉があるため、混同しがちですが、予防接種はワクチンを注射によって体内に入れることです。
ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがありますが、インフルエンザは不活化ワクチンが用いられます。この点が、予防投与と大きく異なる点です。
この不活化ワクチンによってできた抗体が、インフルエンザを跳ね返すわけですが、インフルエンザには様々な種類があるため、場合によっては対応できないこともあります。そのため予防接種をしても感染することがありますが、もし感染しても、全体的な症状は軽めになります。

関連記事
人気記事一覧